博多、中洲で美味しい鰻丼と肝煮焼きを楽しむ

092-409-1333

鰻重ではなく 鰻丼
美味しい鰻を中洲で食べるなら鰻屋「鰻冨」。
気楽に鰻の美味しさを堪能してもらうために、あえて鰻丼をお出ししています。
使っているのは鰻加工を営む親会社から仕入れた上質な鰻で、身はフワフワで
味は濃厚。それを一枚一枚手焼きでじっくり焼き上げています。また鰻職人の
目利きで、季節問わず質の高い鰻が手に入るため、いつ来ていただいても、変
わらない味と食感を楽しんでいただけます。また鰻丼の上に鰻の肝煮焼きが乗って
いるのも自慢の1つ。こちらも親会社に加工所をもつ当店だからこその強みでも
ございます。添えている肝の数は約10匹分。うなぎ一匹から1つしか取れない肝を
贅沢に味わってください。お酒もご用意しておりますので、肝の感触、苦み、余韻の
残る後味を肴に、一人飲みなどもおすすめです。そんな当店の鰻丼に使っているご飯は福
岡産の新米。その味はタレとご飯だけでも十分に満足いただる程です。日本酒と肝煮焼きで一
杯楽しんだあとに鰻を食べ、タレとご飯で〆るという贅沢な鰻の食べ方もおすすめです。なお、
当店ではテイクアウトにも対応しております。事前に電話でご予約いただければ、作りたての鰻丼をご自宅などでもお食べいただけます。家飲みや記念日などに、ぜひご利用ください。

鰻丼

上質なうなぎをオールシーズン
鰻加工を営む会社を母体にする当店では、
鰻職人の努力により、上質な鰻を通年仕入れております。
その鰻を店舗で丁寧に焼き上げてご提供。
小さなお子様からお年を召したお客様まで
お楽しみいただける味をお出ししております。
やわらかく口の中でほどける、
当店の鰻をご堪能ください。

約10匹分の肝煮焼き

当店の自慢の1つでもある、鰻丼に添えた約10匹分の鰻の肝煮焼き。
うなぎ一匹から1つしか取れない肝ですが、親会社が加工所ということで、
当店では贅沢にお楽しみいただけます。
鮮度にこだわり調理をしているため、生臭さが少なく本来の味を楽しんでいただけます。
身と合わせて鰻を丸ごと味わってください。

お品書き

お酒と合わせる粋な楽しみ方
鰻のお供にお酒はいかがでしょうか?
当店は日本酒を中心として幅広いお酒を
用意しております。
鰻の肝煮焼きの苦みで、日本酒の甘みを堪能したり、
鰻丼と一緒にビールを飲んだりと、
お好きな組み合わせで楽しんでいただけます。
一週間を労う週末の一人飲みや仲間との飲み会、
ちょっとした自分へのご褒美などに、
当店で鰻を肴にする夜をお過ごしください。

ペアリング

福岡県産米使用
当店の鰻丼で使われているご飯は全て福岡県産の新米です。
新米を一括で大量に仕入れることで、
鰻だけでなく美味しいご飯もお楽しみいただけます。
甘い蒲焼のタレがしみ込んだご飯は、それだけでも十分なご馳走に。
タレで煮込んで作る肝煮焼きもご飯と相性が良く、食欲をそそります。
鰻丼の主役は鰻ですが、ご飯も美味しく食べられる。
それが当店自慢の鰻丼ともいえます。

炊飯イメージ

※画像はイメージです。

テイクアウトも
甘い特製の蒲焼ダレに漬け込み、じっくり焼いた鰻。
創業当時から変わらない、大量に乗った鰻の肝煮焼き。
それを受け止めることが出来る福岡県産の新米。
当店の鰻丼はその全てが1つになってでき上がります。
そして、そんな鰻丼はテイクアウトが可能です。
電話予約や食事中の注文で、ご家庭で当店の鰻丼を
楽しんでもらえます。ご家庭で鰻を楽しみたい時、
お土産として持参する時などに、ぜひご利用ください。

お品書き

092-409-1333

蒲焼き

ご予約・お問い合わせ

最上部へ